×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

みうらじゅんについてのサイト

みうらじゅんの概要

来歴 [編集] 小学生時代から仏像と怪獣が好きな少年で、京都や奈良の仏像をめぐる。高校時代から絵描きを目指し、二浪後に武蔵野美術大学に入学。在学中から、友人が糸井重里の事務所でバイトしていたため、特に何をするでもなく入り浸り、糸井が「タダでイラストを仕上げる奴がいる」と紹介し、カットの仕事をもらっていた。 1980年に『ガロ』誌上でデビュー。ガロに持込をしたのは他に掲載させてくれる雑誌はないと周囲に言われ判断した為だが、それでも、当時編集長の渡辺和博の判断で何度もボツになった。デビュー作の「うしの日」も、一旦はボツになったが、その後、渡辺と親交の深かった糸井の「載せてあげれば?」の一言で掲載された。なお、初期の画風は現在とまったく違い、デビュー前は和田誠の真似的絵柄、デビュー時は「ヘタクソなひさうちみちお」のような絵であった。当初、ガロは汚い表紙の雑誌だと思っていたが、父親が間違えて貸し本屋でガロを借りてきてしまい、つげ義春の漫画の温泉シーンで抜いたのがきっかけであるという。本人曰く、漫画を描くのは大っ嫌いであるが、完成原稿を並べて俯瞰で見ることだけが楽しみで描いているという。 1982年には講談社の発行する『週刊ヤングマガジン』のちばてつや賞で佳作を受賞。以後、『ビックリハウス』や『宝島』などの各雑誌で、関西ネタや怪獣ネタのエッセイやイラストを執筆。1986年に刊行された、糸井重里を「相談」役にすえた漫画集『見ぐるしいほど愛されたい』で、現在のスタイルを確立。 1980年代後半からテレビ・ラジオでの出演も増え多彩な活動を見せ始め、1989年には『いかすバンド天国』に喜国雅彦、滝本淳助(写真家)らと「大島渚」(由来は同名の映画監督の大島渚より)という名のバンドを結成し出演した。1991年ごろには女装に凝り、いとうせいこう、安斎肇と「バギナーズ」という「女装バンド」を結成。「ナオミ」の名でボーカルとギターを担当(安斎は「キャンディ・O」、いとうは「マナミ」)。巧みな化粧とセクシーな衣裳で、かなりの「美女」に変身していた。ちなみにバギナーズは外タレという設定で、「遂に来日」「日本上陸」等と謳っていた。 1994年にはハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンの男気に憧れるあまり、映画俳優の田口トモロヲとユニット「ブロンソンズ」を結成。1996年にはいとうせいこうと「The Rock'n Roll Sliders」を結成し、みうらが撮影した写真にいとうが突っ込みを入れるという「ザ・スライドショー」が初めて開催され、以後何度も開催される人気公演となる。 1996年には青林堂からみうら漫画のベスト選集『はんすう』が刊行。渡辺和博が解説を書いているが、「初めてみうら先生のオフィスに玉稿をいただきにいった時は、非常に緊張した。みうら先生からは、卓越した漫画にたいする意見をいただいた」という、現実にまったく反するイヤミな内容が書かれている。 1997年に自由国民社の『現代用語の基礎知識』による新語・流行語大賞のトップテンに「マイブーム」(後述)が選出され表彰される。 2003年には自伝的コミック『アイデン&ティティ』が、田口トモロヲの初監督作品として映画化され再び脚光を浴びる。『シベリア超特急』が縁で交流のある水野晴郎が世話人を務める日本映画批評家大賞では2004年度に功労賞を受賞。「勝手に観光協会」などのコラムの他、エッセイ、小説など文章の世界でも活躍中である。 歌手birdとの不倫(後にみうらの子を出産)が発覚し、前夫人と2007年春に離婚した。birdとは2006年末から「パートナー」という形で共同生活をしていたが、第二子の妊娠をきっかけに2009年に入籍をした。尚、入籍した月日などは発表されていない。 2008年には興福寺創建1300年記念『国宝 阿修羅展』にともない発足する『阿修羅ファンクラブ』の会長となる。「阿修羅ファンクラブ」の公式ソング「愛の偶像(ラブ・アイドル)」は作曲:高見沢俊彦、作詞:みうらじゅん、高見沢俊彦のアルバムKaleidoscopeに収録。 (開催予定:2009年3月31日(火)-6月7日(日) 東京国立博物館、2009年7月14日(火)?9月27日(日) 九州国立博物館) テリー伊東の司会を務めるNHKの視聴者参加番組『テレ遊びパフォー!』にて怪獣デザインマスターを名乗り、全国より怪獣デザインを公募、その中の一枚のデザインから『長髪大怪獣ゲハラ』のシナリオを執筆し、樋口真嗣制作総指揮の短編映画として完成するまでに携わった。 人物 [編集] * 趣味として「仏像に関しても詳しい」面を持ち合わせており、いとうせいこうと各地の仏像を見て回る『見仏記』は書籍やDVDでシリーズ化されている。最近ではその流れから仏教に通ずる人生観を語ることもある。『般若心経』に使用される278の漢字を市街地の看板などで使用されている文字から収集した「アウトドア般若心経」を完成させ、2006年秋の「タモリ倶楽部」で発表した。いずれは出家する計画もある(さきの番組内では、インドア派であるみうらが撮影のためには外出が必要であり、「アウトドア」行動をとることが自らへの修行と位置づけられるため、家から出ることそのものを『出家』と表現していた)。 * ロックマニアとして知られ、主にボブ・ディラン、トム・ジョーンズなどのキャラの濃いアーティストを愛好。特にボブ・ディランは「人生の師匠」とまでリスペクトしており、ディラン関係のCD等は(安売りの千円CD等まで含めて)コンプリートに近くコレクションしている。また、半自伝的な漫画作品『アイデン&ティティ』では、ウディ・アレンの映画『ボギー!俺も男だ』のハンフリー・ボガートのように、ディランが「主人公にだけ見える助言役」として、登場している。 * 吉田拓郎から多大なる影響を受けており、名前が平仮名表記なのは、吉田のエレックレコード時代の名義が「よしだたくろう」だったことに由来している。 * 長髪(及びサングラス)がトレードマークだが、80年代なかばの「トレンディ系コラムニスト・ブーム」の際は、その影響で短髪にしていた時代があった。この時期、高円寺の美容室にて「モッズヘアにして下さい」と発言し、店内を凍りつかせた伝説がある。だが、「本来の自分とは何か」と考え直し、長髪・サングラスの現在のスタイルに戻した。 * ファミコンなど8bitCPU家庭用ゲーム機のマニアでもあり、「クソゲー」は自分が生んだ言葉だと自認。 * お笑い評論家としての顔も持ち合わせており、松本人志から「本当に信頼できる評論家はナンシー関とみうらじゅんだけ」と高い評価を受けている。 * エロ写真スクラップ収集家としても知られ、自作のスクラップ本は200冊を超えている。本人曰く「エロは本能だから強い」。 2008年6月13日にBS11デジタルで放送された『大人の自由時間 吉田照美・みうらじゅん かゆいところはありませんか?』の中で「二ヶ月ちょっと前に、200巻を迎えました」と語っている。 * 幼少の頃から怪獣、仏像、エロ、の三大スクラップブックを作成していたが、怪獣と仏像のほうは途絶えた。 * 一説によれば崩れ脱線した澁澤龍彦を目指しているらしい。(サングラス、博覧強記等) マイブーム [編集] マイブーム(my boom)はみうらによる造語である。「my」と「boom」を組み合わせた和製英語で「自分の中だけではやっている物や出来事」といった意味で使用される。みうらのマイブームのルーツは小学生時代にさかのぼる。小学校の社会科見学で奈良・京都の寺院を見学してから仏像に興味を持ちはじめ、寺院で配布されているパンフレットの仏像の写真を切り抜き仏像の感想を沿えスクラップにしていた。この仏像ブームがみうらの人生初のマイブームとなった。この言葉は「大ブーム」に語感が似ていることから思いついたという。 1994年に『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際に発言したのを機に、その語感の良さもあって一般に広まっていった。そして1997年に新語・流行語大賞で表彰された。同賞を受賞した言葉は、一般的にマスコミが多用する例はあるもののマスコミ外で流行したとは言い難いものがほとんどであり、その年限りの一過性に終わり死語と化すことも多い。その中で、「マイブーム」はマスコミ外でも広く使われており、受賞後も廃れることなく使用され続け、遂には2008年1月に発売された『広辞苑第六版』にも掲載されている珍しい例といえる。(一方、2006年に彩図社より発売された『死語大全』にも掲載されており、みうら本人はダブル受賞だと喜んでいる。) みうら自身はマイブームを「自分だけのブームだけで終わらせず他人に広めること」としており、彼が注目した事柄は自身が出演する番組や著作などの形で面白おかしく紹介している。またそれらを世間に広める際は、みうらが考案した造語を用いる。 主なマイブーム [編集] * 仏像ブーム * 牛ブーム * 飛び出し坊やブーム * エロスクラップ作り * ムカエマ(ムカツク+絵馬)  読んでいるだけでムカツク=腹が立ってくる内容の絵馬のこと。みうらが紹介したものの一例:「田中と関わりがあることがないように」「秀さん生きてくれ!!○○生命一同」 * いやげもの(嫌+土産物) 悪趣味な置物やキーホルダー等、もらって困る土産物のこと。 * カスハガ(カス+絵葉書) 絵葉書セットにたまに混じっている、何をアピールしたいのか意図が全く不明であるカスのような絵葉書のこと。有名でもないただの建築物や風景、温泉の写真等が多い。 * とんまつり(とんま+祭り) 学術的に言えば「奇祭」だが、「そんな格好良いものではない」というみうらの考えにより作られた概念。地元では吉例行事だが、傍から観ているととんまに思える祭りのこと。例として新潟県の「つぶろさし」、愛知県の「豊年祭り」、和歌山県の「笑い祭り」、奈良県の「おんだ祭り」、福岡県の「尻振り祭り」がある。 * ゆるキャラ(ゆるい+キャラクター) * らくがお(落書き+顔) 著名人の写真をベースにして、様々な落書きを施す遊び。元々は『小学四年生』でみうらが連載していたものだが、後に『どちら様も!!笑ってヨロシク』でもクイズの題材になるほど広まった。時の総理大臣:宮沢喜一も自身の写真を“らくがお”してもらうことを認めていたという。 * 奥村チヨ再評価 『CHIYO!COQUETTISH BOMB』(1994年・TOCT-8293?4)の責任編集・選曲を担当。 * 『シベリア超特急』(水野晴郎監督・脚本・主演) 第1作目が制作/公開された当時は本当に一部のマニアにしか知られていない文字通りのカルトムービーだったが、みうらがきっかけの一つとなり広く話題となった。「シベ超」と略したのもみうらが最初である。なお、みうらは『映画秘宝』創刊者の町山智浩とは彼が『宝島』編集者だった時代からの長いつきあいであり、『映画秘宝』が創刊依頼、一貫して「バカ映画」についての連載を持っている。町山によると、雑誌『映画秘宝』のキーワードのひとつでもある「バカ映画」は、みうらの命名だという。 * 男キッス 長いつきあいでも手さえ触れたことがない男友達が多い。そんな人達は友情を確認するために男同士でキッスするべきという考え。 マイブーム詳細 [編集] 「みうらじゅん大図鑑」(宣伝会議)より * 65-67年(7‐9歳)第1期怪獣ブーム * 66年(8歳)第1期カエルブーム * 67‐73年(9-15歳)漫画家ブーム * 68‐69年(10‐11. 歳)第一期仏像ブーム * 68年(10歳)第一期吉本新喜劇ブーム/第一期渚ゆう子ブーム/第一期奥村チヨブーム * 71-77(13-19歳)エッセイストブーム/映画評論家ブーム * 72‐74年(14‐16歳)フォークシンガーブーム * 72年(14歳)第一期ブロンソンブーム/イラストレーターブーム/落合恵子・おセンチ・ポエムブーム/ユースホステルブーム * 74年(16歳)旅人ブーム/プログレブーム(意味なく瞑想期) * 74‐79年(16‐21歳)ボブ・ディランブーム * 75‐79年(17‐21歳)谷ナオミブーム * 76年(18歳・一浪)エロスクラップブーム(現在まで続行中) * 78年(20歳・大1)第二期怪獣ブーム/第一期女装ブーム/万引きブーム * 79年(21歳・大2)ウシブーム/ブルック・シールズ(ロリコン)ブーム * 82年(24歳)ハニワブーム/高円寺インドブーム * 85‐93年(27‐35歳)バカレコ・バカグッズブーム * 85年(27歳)ふんころがしブーム/ホウロウ看板ブーム/ガスギターブーム * 86‐88年(28?30歳)変読ブーム * 86年(28歳)関西仕事ブーム * 87‐88年(29‐30歳)ピーポくんブーム * 87年(29歳)帝銀事件ブーム * 88‐93年(30‐35歳)桂米朝ブーム * 89年(31歳)第二期吉本新喜劇ブーム/イカ天ブーム * 89-92年(31‐34歳)クソゲーブーム * 90年(32歳)第二期カエルブーム/松本清張(マッちゃん)ブーム * 90-93年(32-35歳)杖ブーム * 91年(33歳)第二期女装ブーム/エマニエル(坊やを含む)ブーム/第二期渚ゆう子ブーム/ヤング巨泉ブーム * 92-93年(34‐35歳)第二期仏像ブーム 93年(35歳)カスハガブーム/らくがおブーム/第二期奥村チヨブーム/お笑い虎の穴ブーム/バカ本ブーム/仏画ブーム * 94‐97年(36‐39歳)第二期ブロンソンブーム * 95年(37歳)いやげ物ブーム/芭蕉ブーム * 96年(38歳)トノ&コミー(殿山泰司&田中小実昌)ブーム/エンケン(遠藤賢司)ブーム/ジョージ・ハリスンブーム/ロブスターブーム * 97‐2000年(39‐42歳)大木こだま・ひびきブーム/とんまつりブーム * 97年(39歳)角兵衛獅子ブーム * 98-99年(40-41歳)崖っぷちブーム * 98年(40歳)IZUMIN(泉麻人)ブーム * 99‐00年(41‐42歳)青春ノイローゼブーム/ムカエマ(むかつく絵馬)ブーム * 99年(41歳)ミイラブーム * 00年(42歳)和フィギュアブーム/湾ブーム * 01年(43歳)親孝行ブーム * 02年(44歳)ゆるキャラブーム * 03年(45歳)金魚ブーム その他の造語例 [編集] * グレート余生 「人生とは死ぬまでの暇つぶし」はみうらの言葉である。人は生れ落ちた時、余生が始まると説いており、その余生を有意義にするのがマイブームである。 * エナリスト えなりかずきを愛好する人のこと。 みうらじゅん賞 [編集] みうらじゅんの独断で贈呈される賞。1994年から始まり、雑誌「宝島」で7年間連載。しかし、同誌がリニューアルしたため、突如、終了。5年間のブランクを経て、2005年から復活(復活の理由は、リリー・フランキーが「自分もみうらじゅん賞が欲しい」と言ったためだという)。第8回はJ-WAVE「GOLDEN TIME」で発表。第9回、第10回は、EXエンタテイメントで発表。第11回は、TBSチャンネル「みうらじゅんDS」で発表された。 歴代受賞者 [編集] * 1994年(第1回) 杉作J太郎、中野まり子(元おきゃんぴー、ライター)、カーツ佐藤(佐藤克之、ライター)、いとうせいこう * 1995年(第2回) 薮下秀樹(宝島社「VOW」担当、エビ天巨匠監督)、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ * 1996年(第3回) 金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎 * 1997年(第4回) 宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる * 1998年(第5回) スターシップ・トゥルーパーズ、ミスターマッスル、野坂昭如、ヤセの断崖、池田貴族 * 1999年(第6回) 遠藤賢司、久住昌之、ジョージ・ルーカス、優香、ニャンまげ * 2000年(第7回) ケビン・ベーコン(『インビジブル』)、野沢直子、井上陽水、小林よしのり、叶姉妹 * 2005年(第8回) 熊田曜子、井筒和幸、猫ひろし、リリー・フランキー、峯田和伸(『アイデン&ティティ』)、ジャガー、リチャード・ギア(『Shall We Dance?』) * 2006年(第9回) 高見沢俊彦(わんこそばギター)、スチャダラパー、高田純次、サミュエル・L・ジャクソン(『スネーク・フライト』)、二本松の菊人形、大竹伸朗 、ギャル曽根 * 2007年(第10回) 田村正和(『ラストラブ』)、黒川晃彦(野外彫刻)、入水鍾乳洞(福島県)、キヨーレオピン、俺たちフィギュアスケーター、ぽっちゃり王子(ゴルファー)、SAM(TRF) * 2008年(第11回) せんとくん、笑福亭鶴光、人間椅子、高田文夫、根本敬、中井貴一(『次郎長三国志』) エピソード [編集] * 1979年の日劇で行われたゴジラ大全集(東宝特撮日替わり上映)の際、館外に陳列されていたディスプレイ用ゴジラを盗んだことがある。狭いアパートのゴジラは、大層邪魔だったという。なお、このエピソードは「ゴジラの運搬」として漫画化されている。なお、1991年に名古屋の東宝中部支社でゴジラのぬいぐるみの盗難事件がおきた際、みうらは12年前の犯人だったことを告白し、「僕も返すから、盗んだ君も返したほうがいいよ」と、ゴジラを東宝に返却した。 * 1993年EXテレビに出演した際「関西ではおめっこっていうのは駄目なんですけど」と言ってしまいスタジオ内が一時騒然としていた(尚、この時はつボイノリオの金太の大冒険がテレビで初オンエアされたときだった)。森脇健児に「これ全国ネットですよ」と言われると「これ東京ディズニーチャンネルかと思った」ととぼけていた。 * ジャッキー・チェンが来日した際に、町山智浩と共同でシャレでダッチワイフをプレゼントしてジャッキーを本気で怒らせたことがある。 * フジテレびーびーのインタビュー企画「斉藤舞子のこの人にあってみました」にゲスト出演した際、斉藤アナウンサーに假屋崎省吾と間違われ、訂正しないまま最後まで假屋崎になりきってインタビューを受けたことがある。しかし途中で斉藤アナウンサーに「みうらさんですよね?」と何度か聞かれても自分で「假屋崎ですよ」と言っていた。 * かつて番組を持っていたラジオ局J-WAVEから出入り禁止にされている。これは番組内でJ-WAVEの社風に合わない度を超した下ネタをやり続けた事がJ-WAVE内で問題となっていたが、共演者の安斎肇は番組が終了してからもJ-WAVEの他の番組にゲスト出演するなど、みうらだけが出入り禁止にされた事を考えると、みうら個人とJ-WAVE上層部との衝突があったのではないかと推測される。 * 2006年に海外のテレビ局の取材を受けたが彼らがみうらをアニメやメイド喫茶等の権威と勘違いしていたらしく、出身地(京都)にメイドカフェは何軒あるのか、とかアキハバラにはよく行くのか(本人はまったく行かない)、とかどんな(アニメ)作品が好きか、などと質問されその方面に興味がない為に全く噛み合わなかった。 * 本名が「三浦鈍」と誤植されたことがある。VOWの変読コーナーを担当したときはこれを逆にネタとして「三浦鈍(みうら どん)」と名乗っていた。 * 思春期に男子校に通っていたこともあり、若い時代はまったく女性との交際はなかった。その反動からか、有名になってからは盛んに女性とやりまくり、1990年代前半に刊行されていたコピー同人誌『PAPERS』に、「カーツ佐藤」こと佐藤克之(近年はカーツさとうと表記)と「やりまくり内容」を連載していた。のちに、その一部は『やりにげ』として刊行された。 主な作品 [編集] シリーズ化・文庫化されている作品はおもにシリーズ第1作・初出版時のものを挙げる。 漫画 [編集] * 『単になんぎなうし』(1984年、青林堂) * 『みうジャン』(1985年、ISBN 4-89194-111-1、パルコ出版社) * 『ハニーに首ったけ』(1986年、ISBN 4-309-72510-4、河出書房新社) * 『ボクとカエルと校庭で』(1988年、ISBN 4-7926-0184-3、青林堂) * 『アイデン&ティティ』(1992年、ISBN 4-7926-0228-9、青林堂) * 『はんすう』(1996年、ISBN 4-7926-0275-0、青林堂) 共著 * 『見ぐるしいほど愛されたい』(1986年、ISBN 4-06-103720-X、講談社)(共著:糸井重里) 書籍 [編集] * 『東京の関西文』(1985年、ISBN 4-479-48018-8、大和書房) * 『オレに言わせりゃTV』(1991年、ISBN 4-04-883284-0、角川書店) * 『みうらじゅんのフェロモンレコード』(1994年、ISBN 4-924880-36-1、TOKYO FM出版) - 図鑑(レコード・CDジャケット) * 『やりにげ』(1994年、ISBN 4-8211-0506-3、ぶんか社) - 随筆 * 『みうらじゅんの仏画集・上 お堂で逢いましょう』(1995年、ISBN 4-330-31695-1、弘済出版社) - 画集 * 『VOWでやんす!』(1996年、ISBN 4-7966-1164-9、宝島社) - 書籍 * 『マイブームの魂』(1997年、ISBN 4-620-31152-9、毎日新聞社) - 随筆 * 『青春ノイローゼ』(1999年、ISBN 4-575-29047-5、双葉社) - 随筆 * 『Slave of love』(2000年、ISBN 4-8211-0715-5、ぶんか社) - 小説 * 『とんまつりJapan』(2000年、ISBN 4-08-781193-X、集英社) - 随筆・紀行 * 『飛び出せ!自分マニア』(2003年、ISBN 4-537-25171-9、日本文芸社) - 随筆 * 『ゆるキャラ大図鑑』(2004年、ISBN 4-594-04666-5、扶桑社) - 図鑑(キャラクター) * 『色即ぜねれいしょん』(2004年、ISBN 4334924425、光文社) - 小説 * 『正しい保健体育』(2004年、ISBN 4-652-07805-6、理論社) - 児童書 * 『アイノカテゴリー 写真集』(2005年、ISBN 4-8356-0988-3、ぴあ) - 本人撮影による写真集 * 『みうらじゅんマガジン vol.01』(2006年、ISBN 4-86191-169-9、白夜書房、第1作) - 特集ボブ・ディラン * 『そこがいいんじゃない!みうらじゅんの映画批評大全1998‐2005』(2006年、ISBN 4-86248-077-2、洋泉社) - 書籍 * 『アウトドア般若心経』(2007年、ISBN 978-4-344-01397-1、幻冬舎) - 書籍 * 『十五歳』(2009年、ISBN 978-4-904345-03-0、TBSサービス) - 詩・随筆 共著 * 『無共闘世代 ウルトラマンと骨肉腫』(1985年、ISBN 4-255-85012-7、朝日出版社)(共著:泉麻人) * 『女の子エスニック図鑑』(1985年、ISBN 4-7669-0115-0、勁文社)(共著:綱島理友)  * 『亜細亜の恋人』(1986年、ISBN 4-7897-0254-5、CBSソニー出版)(共著:手塚能理子) * 『見仏記』(1993年、ISBN 4-12-002239-0、中央公論社、第1作)(共著:いとうせいこう) - 紀行 * 『ブロンソンならこう言うね―マニア・カルト一生相談』(1995年、ISBN 4-341160311、ごま書房)(共著:田口トモロヲ) * 『日本崖っぷち大賞』(1998年、ISBN 4-620-31233-9、毎日新聞社)(共著:安斎肇、泉麻人、山田五郎) - 座談 * 『D.T.』(2002年、ISBN 4-840-10619-3、メディアファクトリー)(共著:伊集院光) - 対談 * 『グラビアン魂』(2006年、『週刊SPA!』3月14日号臨時増刊、扶桑社)(共著:リリー・フランキー) - 写真集 音楽 [編集] * 『青春ノイローゼ』(1999年、88-LDKCD) - CDアルバム 主な収録曲:『とんまつりJAPAN』 ユニット * 『大島渚』(1990年) - CDアルバム (「大島渚」名義、ボーカル&ギターとして参加) * 『ビバ!バギナーズ』(1994年、TOCP-8332) - CDアルバム (「バギナーズ」名義、ボーカル&ギターとして参加) * 『SUPER MAGNUM』(1997年、TOCT-9768) - CDアルバム (「ブロンソンズ」名義) * 『勝手に観光協会 vol.1』(2004年、LDCD-50012、第1作) - CDアルバム (「みうらじゅん&安斎肇」名義) DVD・その他 [編集] * 『吉本新喜劇ギャグ100連発』シリーズ(1989-1990年、セレクトを担当) - ビデオからDVD化 * 『とんまつりJAPAN』(2000年) - VHSビデオ * 『テレビ見仏記1 京都編』(2002年、PIBW-7118、第1作) - DVD * 『みうらじゅんの伝説のゆるキャラショー』(2003年)- DVD * 『全日本コール選手権 with みうらじゅん』(2005年、UPBH-1183) - DVD * 『みうらじゅん&安斎肇の「勝手に観光協会」 Vol.1』(2006年、AVBD-34318、第1作) - DVD * 『みうらじゅん・いとうせいこう めがね番長?めがね上等!編?』(2007年、PCBG-50961、第1作)−DVD * 『シンボルず』(2008年、MHBW-242、第1作) - DVD 主な開催イベント [編集] * ザ・スライドショー(1996年・初開催) - いとうせいこうと共演 * 日本崖っぷち大賞ライブ(1998年) - 安斎肇、泉麻人、山田五郎と共演 * とんまつり祭り(2000年) * みうらじゅんのゆるキャラショー - 安斎肇、清水ミチコ、山田五郎と共演 * みうらじゅんの勝手に JAPAN TOUR 2003(2003年) - 安斎肇と共演 * みうらじゅん in 東京ドーム 郷土愛(きょうどラヴ) 2004(2004年) * みうらじゅん的映画祭(2005年) * みうらじゅんpresents 勝手に観光協会 ラジオショーUK.E(2006年) - 安斎肇、ウクレレえいじと共演 展覧会 [編集] * 大物産展 マイブームの国へようこそ(1998年、ラフォーレ原宿) * みうらじゅん キョーレツ!3本立!(2002年、ラフォーレ原宿他全国9か所) - 絵画、スクラップ、レコード * みうらじゅんのマイブーム・アート(2005年、枚方市民ギャラリー企画展) 主な出演番組 [編集] * 『みうらじゅん&山田五郎の男同志』(MONDO21) - 題字も担当 * 『みうらじゅん&山田五郎の男同志2』(MONDO21) * 『山田五郎アワー「新マニア解体新書」SP』(MONDO21) * 『みうらじゅんDS』(TBSチャンネル) - 企画も担当 * 『デザインの森』(BSフジ) * 『みうらじゅんもぐらビューティフル』(第2日本テレビ(もぐら骨董堂の1コーナー))- 古い映像にテロップでコメント *毎週水曜に新作 * 『親孝行プレイ』(毎日放送ほか) - 原案・題字・キャラクターデザインを担当。出演はしていない * 『みうらじゅんのわらいどころ』(ファミリー劇場) - 同局で放送される喜劇映画のナビゲート番組 不定期・非レギュラー [編集] * 『勝手に観光協会』(EXエンタテイメント 他地上波各局) - 安斎肇と共演 * 『TV見仏記』(関西テレビ☆京都チャンネル)- いとうせいこうと共演 * 『ストリーム』(TBSラジオ)- 「コラムの花道」におよそ月一回のペースで出演 * 『タモリ倶楽部』(テレビ朝日) 終了 [編集] テレビ番組 * 『えいせい魂 みうらじゅんバナナマンのゼッタイに出る授業』(BS JAPAN・2008年2月22日 - 2008年3月28日、テレビ東京・2008年10月3日 - 2008年11月7日) * 『金曜かきこみTV』(NHK教育・終了) - アート掲示板管理人 * 『CX-NUDE DV』(フジテレビ・終了) - ザ・会議室 伊集院光、山田五郎、佐野瑞樹と共演 * 『シンボルず』(テレビ東京・2007年4月1日 - 2008年9月28日) - 企画も担当 * 『天才てれびくん』(NHK教育・出演終了) * 『土曜かきこみTV』(NHK教育・終了) - アート掲示板管理人。言わせて掲示板(参加していない回もある) * 『はなまるマーケット』(TBSテレビ・出演終了) - 「濱田マリのドリームハンター」に毎回VTR出演していた。「はなまるカフェ」出演歴もある * 『みうらじゅん&安斎肇のなまはげ兄弟』(EXエンタテイメント・終了) * 『music roots』(終了) - ロック崖先生D * 『めがね番長』(BSフジ・終了)- いとうせいこうと共演 * 『ラジオDEごめん』 (中京テレビ・終了) ラジオ番組 * 『キュート特捜隊』(WOWOW・終了)- 小川範子と共演 * 『小堺一機のサタデーウィズ』(TBSラジオ・終了)- およそ半年に一回のペースで出演 * 『GOLDEN TIME』(J-WAVE・終了) - 安斎肇と共演 * 『TR2』(J-WAVE・出演終了) - 安斎肇と共演 * 『吉田照美のやる気MANMAN!』(文化放送・終了) - マイクサイドボクシング「俺に言わせろ!」(水曜日) * 『みうらじゅんの「サブカルジェッター」?2番目がいいんじゃない』(TBSラジオ・終了) 出演映画 [編集] * ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発(2008年、松竹、監督:河崎実) CM出演 [編集] * KDDI - 「auの庭で。まとめる篇」 ※長女役の仲間由紀恵、妻役の萬田久子、長男役の鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング)、次男役の子役少年と共演。 ※家族揃って長く伸ばした黒髪が特徴。


[PR]  NYダウ ゴルフ場 検索 サラリーマン 副業 産後ダイエット キャベツダイエット ブライダルエステ



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』